../世界の壁紙
../世界の壁紙

18世紀から今日まで続くもっとも古い壁紙工房の1つです。1797年ジャン・ズベールにより創立され、壁面を一周するパノラマ壁画は世界の注目を集めるようになりました。今日でも古い版を用いて手刷りで制作されています。木版画は16mもの壁面を覆うものもあり、1693個の版木に247色を使用するという美術工芸品ともいえるものがあります。また、ナポレオン時代の様式である豪華で威厳あるアンピール様式やシノワズリーの壁紙などがあります。古城やレストラン、また、ホワイトハウスにも使用され、日本でも歴史的建造物に使用されています。

zuber