../世界のファブリックス
../世界のファブリックス

1824年に創立され、“ブラクニエ”は、フランスの古典主義のまさしくその精神を表します。 ブラクニエに伝わる18世紀から19世紀のドキュメントをもとに、古典的なファブリックを現代に蘇らせています。多彩で美しい染織品として好まれたインド更紗やトワル・ド・ジュイのファブリック、カーペットで知られ、ルーヴル、シャンボール、ヴァチカンなどナポレオン三世以降のヨーロッパの宮殿、ヴィクトル・ユーゴーの家などを装飾しています。現代では、ヨーロッパの古城や、多くのホテルや個人の邸宅に使われています。

jardin-d-haver